コメントへのスパム対策・プラグイン「SI CAPTCHA Anti-Spam」

SI CAPTCHA Anti-Spam はWordPress用のコメント・スパム対策プラグインです。

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン

  1. 画像認証のコメント投稿を実現する。
  2. ランダムで文字を画像で表示する。
  3. 画像は自動スキャンされにくい様に表示される。
    文字のバックグラウンド等に線や模様が入る。
  4. 表示された画像上の文字を正確に入力しないとコメントは投稿できない。
  5. プラグインの設定は日本語対応している。
    日本語は自動認識されて表示される。
    但し、一部のPHPファイルは手修正が必要。※簡単
  6. 画像認識を表示するタイミング等はプラグイン設定画面から細かく指定できる。
  7. フリーソフト。カンパOK。

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン


▼① SI CAPTCHA Anti-SpamのダウンロードURL :

http://wordpress.org/extend/plugins/si-captcha-for-wordpress/

▼② インストール先フォルダ :

wp-content/plugins/ フォルダ下に フォルダごとアップロードします。

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン

▼③ アップロード後にプラグイン・メニューを表示して有効にします。
※以下は有効後画面。

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン

▼④ その後で「編集」をマウスでクリックすると以下の画面が表示されます。

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン

▼⑤ プラグイン内にある上記のsi-captcha.phpのエラー表示部分を日本語に変更する必要があります。

  1. wp_die( __('Error: You entered in the wrong CAPTCHA phrase. Press your browser's back button and try again.', 'si-captcha'));
  2. wp_die( __('Error: You did not enter a CAPTCHA phrase. Press your browser's back button and try again.', 'si-captcha'));

上記は画像認証文字を打ち間違えた時にWordPress上に表示されるプラグインからのエラーメッセージです。「Press your browser」で検索すると見つかります。これを共に以下の様に変更します。

wp_die( __('エラー: 表示されている画像の文字が正しく入力されていません。ブラウザの[戻る]で戻って画像の文字を再度入力してください', 'si-captcha'));

日本語部分は判りやすい日本語で結構です。

現時点のSI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン v2.7.4 では8カ所存在します。

修正したら「ファイルの更新」ボタンをマウスでクリックします。

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン

▼⑥ ③に戻って「設定」をマウスでクリックします。

以下のSI CAPTCHA Anti-Spam プラグインの詳細な設定が日本語で表示されます。

各設定項目に有る「ヘルプ」をクリックすると日本語の説明が表示されます。

SI CAPTCHA Anti-Spam プラグイン

SI Captchaオプション

  • キャプチャ: インストールされているPHPがキャプチャをサポートしているかどうかテストします。
  • キャプチャの難易度レベル:  [低い|普通|高い]
  • キャプチャ用画像テキストの湾曲度を変更する
  • ログインフォームでキャプチャを有効にする。
  • 登録フォームでキャプチャを有効にする。
  • 「パスワード紛失」フォームでキャプチャを有効にする。
  • コメントフォームでキャプチャを有効にする。
  • 次の条件に合致する 登録 ユーザからキャプチャを隠す: [登録ユーザ全員|投稿を編集する|投稿を公開する|コメントをモデレートする|管理人のサイト]
  • コメントフォームでキャプチャの入力ラベルを表示する位置  [input-label-required|ラベル-必須-入力|ラベル-必須-インラインブレイク-入力|ラベル-入力-必須]
  • Change the display order of the CAPTCHA input field on the comment form.
  • 小さめのキャプチャ画像を有効にする。
  • キャプチャをPHPセッションなしで使う。
  • キャプチャの透過テキストを無効にする(キャプチャからテキストが見えなくなった場合のみ、この解決策をお試しください)。
  • アクセシビリティ:  スクリーンリーダーのためのaria-requiredタグを有効にする.
  • Akismet: Akismetのスパム防止状況
  • Akismetがインストールされています。
  • Akismet の設定
  • キャプチャ用フォームのCSSスタイル:  キャプチャ用フォームのスタイルをデフォルトに戻す。
  • 変更可能なキャプチャ用フォームのCSSスタイル:
  • キャプチャ用フォームスタイルの適用方法を選択してください:  [内部スタイルシートCSS (デフォルト、以下で編集)|外部スタイルシートCSS (style.cssの編集が必要) }
  • 内部スタイルシートCSS:
  • キャプチャDIV用CSSスタイル: div#captchaImgDiv
  • キャプチャ画像(小)DIV用CSSスタイル: .captchaSizeDivSmall
  • キャプチャ画像(大)DIV用CSSスタイル: .captchaSizeDivLarge
  • キャプチャ画像用CSSスタイル: mg#si_image_com,#si_image_reg,#si_image_log,#si_image_side_login
  • リフレッシュ画像用CSSスタイル: .captchaImgRefresh
    CSS style for CAPTCHA input DIV:div#captchaInputDiv
  • キャプチャ入力ラベル用CSSスタイル:label#captcha_code_label
  • キャプチャ入力欄用CSSスタイル:input#captcha_code
  • テキストラベル: テキストラベルの変更
  • 必須
  • キャプチャコード
  • キャプチャ画像
  • 画像のリフレッシュ

 


注意事項:

認識画像がコメント投稿ボタンの上に表示されない時は、テーマ内のcomments.phpを開いて

<?php do_action('comment_form', $post->ID); ?>

部分を「input name="submit"」の上に移動して調整します。

CSSの調整もテーマによっては必要かもしれません。