AdSense Integration WP QUADS : Quick AdSense Reloaded の設定

概要

サイト内にGoogle AdSense広告、楽天広告、アマゾン広告等を指定位置に表示する WordPress 公式プラグインです。各種広告コードやランキングコード、HTML等を指定する事も出来ます。

このプラグインの設定を解説します。

※画面バージョンは古いですが、内容は変わっていません。

WP QUADS – Quick AdSense Reloaded プラグインの設定

目次

内容が多いので他ページともリンクしてます。* マークが付いたのは他ページを開きます。

設定をする前に

AdSense Integration WP QUADS : Quick AdSense Reloaded プラグインで事前に何がどこまで出来るかを少し知っておく必要が有ります。






  • サイト内に広告コード等を指定の位置に自動で挿入します。
  • コード類はプラグイン内部で一括管理されます。
  • 記事内に挿入できる広告コードの種類は最大10個までです。
    1個の中に数種類のコードを入れる事は可能です。
  • ウイジェット内に挿入できる広告コードの種類は最大10個までです。
    1個の中に数種類のコードを入れる事は可能です。
  • 当プラグイン専用のショートコードを使えば記事とウイジェット以外の場所にも広告等を挿入することが可能です。
  • 広告の非表示の制御もある程度は出来ます。
    他のプラグインと連携したり、PHPを使えば細かな制御も可能です。が、それは別の機会で。(検討

 

「一般設定」を開く

WordPress ダッシュボードから [プラグイン] -> [WP QUADS] -> [一般] -> [一般設定] を開きます。プラグインの基本動作に関する設定をします。

WP QUADS – Quick AdSense Reloaded プラグインの設定WP QUADS – Quick AdSense Reloaded プラグインの設定 一般設定

 

ページ上の広告数

WP QUADS – Quick AdSense Reloaded : ページ上の広告数

このプラグインがページで実際に表示できる広告数の上限を指定します。Googleアドセンスの場合は3が上限です。他の楽天、アマゾン等も同時に表示する場合は数が大きくなります。あまり多種多様な広告を表示すると制御が難しくなるので注意してください。

なお、ショートコード([quads id=1]等)は数に含まれないケースが実績で出ています。これもご注意ください。

記事の先頭、中央、終わりに挿入

WP QUADS – Quick AdSense Reloaded : 記事の先頭、中央、終わりに挿入

投稿記事の先頭、中央、終わりにプルダウンリストから選んだ広告を挿入します。チェックする事で有効になります。
「ad1」~「ad10」は後で登録する広告コードの仮名称です。「ランダム広告」とは登録された「ad1」~「ad10」の広告コードをランダムに挿入する事を意味します。

<!--more--> タグの後に挿入

"AdSense Integration WP QUADS : Quick AdSense Reloaded の設定" の続きを読む