Widget Logic 5.8.1 プラグイン+日本語化ファイル

概要

サイドバー上のウイジェットに表示/非常時の条件を設定したい時に使うプラグインです。無料のWordPress 公式プラグインです。操作もシンプルで使いやすいです。

以下は「'about'ページの時のみ、アーカイブ・ウイジェットを表示する」例です。

Widget Logic プラグイン
Widget Logic プラグイン

日本語化

設定は英語ですが、デフォルト設定で特に変更は必要ありません。しかしそれでも日本語で使用したい人の為に日本語化ファイルを公開します。

以下をクリックして日本語表示のファイルをダウンロードします。

ダウンロード  Widget Logic 5.8.1 プラグイン 日本語化ファイル (R1)  (5.0 KB, 作成 2017年5月18日)

ダウンロードファイルからReadMe テキストを読んで下さい。それから以下のファイルを取り出し、

  • widget-logic-ja.po
  • widget-logic-ja.mo

それを以下のフォルダにFTPでアップロードします。

/wp-content/plugins/widget-logic/languages フォルダ

日本語表示にならない、部分的に英語のままの場合

これはWordPress本体がデフォルトの日本語化ファイルを自動インストールするからみたいです。この場合の対処方法は:

/wp-content/languages/plugins/

に上記の2ファイルを上書きコピーください。上書きする場合は事前に上書きファイルのバックアップも忘れないようにお願いします。

設定

設定画面は[ダッシュボード] -> [テーマ] -> [ウイジェット] を表示した画面の真下に有ります。特にデフォルトで変更する事は無いです。変更が必要な特殊なケースは過去に一度も無かったです。

Widget Logic プラグインの設定画面
Widget Logic プラグインの設定画面

使い方

簡単に使い方の例を示します。






  1. 「!wp_is_mobile()」
    条件:モバイルの時は表示しない。
    参考:WordPress関数:wp_is_mobile()
       
  2. 「is_home()」
    ホームページの時のみ表示する。
    参考:WordPress関数:is_home()
      
  3.  「is_archive()||(wp_is_mobile()&&is_home())」
    条件:アーカイブ又はモバイルでホームページの時のみ表示する。

高機能な使い方

WordPress 標準の機能ではPCとモバイルの区別しか出来ません。「WP Mobile Detect」プラグインをインストールする事により、タブレットとスマフォの各デバイスを詳細に判断して更に高度な表示条件が可能になります。

  • WP Mobile Detect」プラグインのインストールは他のプラグインと同様です。
  • WP Mobile Detect」プラグインでメーカーと機種別での各デバイスを判断する部分が少し古いのでココを参考にして最新に必ずアップデートして下さい。

例:

  1. 「!wpmd_is_phone()」
    条件:スマホ(スマートフォン)の時は表示しない。
    参照:WP Mobile Detect 2.0 プラグイン
       
  2. 「wpmd_is_iphone()」
    条件:iPhoneの時に表示する。

その他に以下の判断も出来ます。

  • wpmd_is_ios:iOS(Macパソコン)の判断
  • wpmd_is_ipad:iPadの判断
  • wpmd_is_android:Androidスマフォの判断
  • wpmd_is_windows_mobile:Windows モバイルの判断
  • wpmd_is_blackberry:ブラックベリーの判断

詳細はココを参照してください。

 

以上。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントを
頂けると
嬉しいです。♡



↑ この部分は自作のプラグインでテキスト表示しています。
WordPress公式プラグインとしても登録されています。

日本語化ファイルのダウンロード時はポチッとコメントを入れて頂けるとうれしいです。
リンクはもっとうれしい! (^.^)